6月に入る前にオラクルブロンズの試験合格に向けての対策をしっかりやる

オラクルマスターについての説明を以前しましたが、オラクルマスターとは、普段私たちが目にする検索から検索結果の裏側に関する知識になります。自分達が、何げなくPCやスマホを使用して、検索するとすぐに結果などが返ってきますよね?しかし、PCは早い速度で、検索してる人が結果に合うようにデータを引っ張ってきてくれているんです。簡単にいえば、図書館に行って、スタッフに調べてる本の名前を言えば、すぐにお目当ての本を持ってきてくれと言うものです。

なぜ、スタッフはあんなに早く持ってきてくれるの?それは、本の棚が整理されており、そこから五十音順で調べてるからすぐに本をもってきてもらうことができるんですよね。ネットの裏側では、すごいデータの数の本棚があって、検索した結果がすぐに出てきてくれるってわけなのです。ネットの裏側ってすごいですよねぇー、そんな裏側を操作して、検索する人が正しくできゆようにしたり、会社で扱っているデータなどが取り出せるようにするのが、オラクルになります。
でもでも、オラクルって色々と大変なんですよぉー!資格には4段会あって、下からブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナって感じになります。ブロンズでも、2つの試験に合格しなければ、認定書がもらえません。

さらに、プラチナでは世界を合わせても所有者の数が少ないとも言われています。なので、プラチナを取得すると企業から内に来て働いてほしいと言われることも少なくないでしょう。ITの面白いところ、学ぶところが多いだけでなく、その評価が給料になるってことですね。数年前までは、営業をやってる人のほうが給料は高いイメージでした。今では色々な業種が広がったことで、給料の幅もそれぞれです。20代前半で数億円を稼いでる人もいれば、まだ評価されずに天才と言われてるプログラマーやシステムエンジニアのキッズたちも存在しています。これから、世の中が、IT時代だっ!って人は是非オラクルやITパスポートなどの資格を所有しておくといいかもしれません

オラクルの資格をこれから取得したいと考えているなら、まず本を購入するといいかもしれません。本では、白本と黒本があります。ブロンズになりますが、白本ではSQLについての情報が記載されています。黒本は、DBAになります。双方似ているようで、内容は少しことなります。詳しいことについて説明を行いたいと感じているのですが、まだDBAについての勉強をしていないので詳しい説明をすることができないのでご了承ください!
さて、費用になるのですが、ブロンズは、45000円程度になっています。
最低がこの金額で、プラチナの資格は約100万ちかくと考えていてもいいかもしれません。
自分も調べるまで知らんなかったのですが、100万円はさすがに高いですね!
もう少しだけ費用を抑えてほしいと感じがしますけど。
ここまでの、金額を払ってまで資格がほしいのか?なんてことを考えてしまうかもしれませんが、正直なところあります。
IT関連でオラクルを持っていることで、給料がアップするだけでなく転職に有利になるだけでなく、仕事のスキルが高くなるのでメリットばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です