不妊治療で保険が適用となっているのはどこ?


e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

不妊治療を行うとすれば、保険は
適用されるのだろうか?
お金がかかってしまう世の中で
知っておくと知らないとでは
それぞれ違ってきます。

スポンサードリンク


 

 

 

不妊治療の中には保険が適用外と
されている傾向がいくつか
あげられています。
それはいったいなぜか?
一般的に保険というものは、
病気や怪我などで適用されるのが
一般的と考えられています。
そのため、
不妊治療は体の体調を良くする
ものではないと考えられて
いるためです。

 
ですから、脱毛、シミ消し、
矯正治療などが保険の適用に
ならないケースが多いのです。
不妊治療を受けようと迷い、
いきつけのクリニックや
病院で相談をした時は、数千円で
支払いだったとしても、
何回も通院してしまうと
お金がかかってしまうものなのです。

 

スポンサードリンク


 
そのため、保険が適用されなければ、
数十万近くのお金を支払ってしまう
可能性が高くなってしまうのです。
ですが不妊治療は、
初期段階であれば保険適用となり
国が定めている自己負担の
3割程度で済みます。
数回の治療を行っても数万円で
抑えることができるようになるのです。
自己負担額である、
3割の保険適用治療がタイミング療法
やFSC-HCG療法などになります。

 

 

 

 

タイミング療法とは?

796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s
タイミング療法とは、
血中やホルモン測定などを行い
排卵日の周期をみきわめる行動となります。
FSC-HCG療法とは?
排卵日の周期をうまくコントロールする
ことができない人に適用されるケースが多いです。
医師からはタイミング療法をすすめられる
ことも多いでしょう。
タイミング療法でうまくいかなかった
人は、FSC-HCG療法をすすめられるのです。

 

 

 

では、保険が適用されないケースでは治療を
受けると、いったいどれくれらいの費用がかかる
のでしょうか?
クリニックや病院によって料金はことなりますが、
初期検査費用が2万から3万円が
相場と考えてよいでしょう。
タイミング療法は、1万円が相場と考えられて
います。子供がほしいと思った時には
すぐに行動に移すようにしましょう。

 

 

 

 

先ほどお話した、タイミング療法や
FSC-HCG療法は保険適用となっているので
すぐに受けることが可能となっています。
ですが、中には子供が欲しくてがんばっても
子供を授かることができないひとも多く存在します。
このような人たちは、保険が適用されていない
治療を受けているケースが多いのです。
保険が適用されていない治療とは
人工授精、体外受精になります。これらの
費用は、1万から50万円まどの相場が
あるのです。
さらに、胚凍結系の移植や保存に関しては
5万から10万円となっています。
このように高い費用を支払っているので
数百万円を支払っている人も多いのです。

 

 

 

 

 

女性は、子供ができるまで仕事を
続けている人は多いでしょう。
それだけでなく、子供ができるか心配事、
仕事のストレスなどの不満をかかえて
いる人は、この世の中にたくさん
存在します。子供がほしいと思った時は
迷わず、考えすぎずにお近くのクリニックや
病院で医師に相談するように
しましょう。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す