自転車保険に加入なら安いところを選んじゃおう!


e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

どうも!
今回は自転車保険についての
説明をしていきたいと思います。
みなさんは仕事や学校に行くとき
また、子供のお迎えなど交通手段は
どのようにとっていますか?

スポンサードリンク


 

もしも事態に備える

648646

はい!
先ほど説明したように
交通手段で自転車を利用している
って人は多いでしょう!
自宅から電車に乗るための
駐輪場までの移動手段で
利用している人もいれば
学校や会社側で自転車の
通勤を許可しているところも
あります。
ものを運ぶことができるだけでなく
移動手段としてとても便利です。
また、最近では一昔まえに比べて
自転車の種類も増えてきています。
競技などで使用される自転車が
あれば一般てきに言われている
ママチャリなど様々となっています
こんな自転車を使用している
機会が多い人で
ひやっとしたことはありませんか?

 

スポンサードリンク






 

このような考えを思っている人は
とても多いでしょう。
自転車の動きだしをしたときに
人や同じ自転車にぶつかりそうになった
経験や車と衝突しそうになった
など、自分がしっかりマナーを守って
いるとしても相手がマナーを守っているとは
限らないのです。
また、車に自分からぶつかってしまったときに
はお金が発生していしまうこともあり、
高級車になると修理代で数十万円になってしまう
こともあるかもしれません。
さらに、人をひいてしまうと入院代や治療代など
の支払いをしなければなりません。
どこで事故がおこってしまうかわかりません。
普段の運転に慣れてしまうと、このような
事態に自分なら対処できるから大丈夫
なんてことを思っている人は痛い目にあって
しまうことが多いのです。

 

 

また、自分だけの問題であれば
すぐに解決することができるかもしれませんが、
お子さんなどが事故を起こしてしまうと
不安で泣いてしまうかもしれません。
保険に入ってなかったことが人生を変えてしまう
事態になってしまうことだってありえる話です。
こんな事態にならないためにも
保険に加入しておくことがとても大事と
なっています。
保険の加入に戸惑っている人では、
どこを選べばいいのか迷ってしまっている
ことや、価格を少しでも抑えたいと
思っている人が多いです。
最近では、保険会社にもいろいろなプランが
紹介されています。家族で加入できる保険や
利用者が納得できる保険のプランを提案してくれる
ところや価格を数千円から数百円になっている
ケースもあります。
このように条件にあったところなんてすぐに
見つけることができるようになっています。
加入で戸惑っているときに事故は起きしてしまう
かもしれません。
まずは、掛け捨てという形ですぐに保険に
加入しておくといいです。
1年間の契約を目処にして保険会社を
変える契約をたてればよいのです。

 

 

一番損をする言葉はあの時に加入しておけば
よかったと漏らす人です。このような言葉を
発言しない!入っていてよかった、
あのときの記事を読んですぐに加入してよかった
と思える人が一人でも増えてくれればいいと
思います。

 

 

保険の会社のプランを比較

656365

保険会社では、賠償責任限度額や後遺障害に
支払われる額によって月々の保険料が変わって
きます。価格が数百円になっている保険会社の
プランを一部紹介していきましょう。
この数百円という格安のプランは、
賠償責任限度額が一億円近くとなっており
手術保険や入院保険などのプランが
しかっかりと入っています。
また、示談交渉をおこなったときにも
対応してくれる会社などを確かめて
おくこともできます。
一方の保険料が高いところのプランでは、
月々の支払いが年間で数万円となっており、
月々に直すと、数千円といったところでしょう。
賠償責任限度額が数億円となっており、
入院一時金や通院保険の支払いも
行ってくれます。
このほかでは、数百円のプランとほぼほぼ
一緒となっており、保険会社から
支払ってくれる額もやはり
月々の価格が高いところがよいと
考えていてよいかもしれません。

 

 

 

こどもに加入させておきたいと感じているなら
この自転車保険のほかにも学校や農協などで
加入することができる保険のプランを
調べておくといいでしょう。
自転車保険でも賄うことができない
プランを付けることができるので、
自分でいろいろな組み合わせを子供に
つけておくことができるのです。
大人と違って、子供は怪我してなんぼになります。
しかし度がすぎるような怪我は
できるだけさけたい!もしもの事態に
備えていろいろな保険を調べて
加入しておくように検討してみよう。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す