過敏性腸症候群の症状は病気の危険性が高いので注意しょう!


過敏性腸症候群の可能性がある際にはしっかりとした対策や病院に行くことを覚えておくようにしましょう。

スポンサードリンク


cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

最近お腹の調子が悪くなってきたと感じている人はいませんか?私もそうでした、10代に比べて20代半ばになったころにあることがきっかけとなりトイレなしでは生きていくことができない状態となってしまいました。日本人はストレス社会と言われていますが、本当にそうだなと感じさせることがあります。私は沖縄で育ち、沖縄の環境に慣れて生きてきたために都会での暮らしに慣れるのに必死でした。今回は自分の過去のことについて話しをしていきたいと思います。人は急に体を壊してしまうことがあるなんてことをよく耳にする人も多いでしょう。自分は20代半ばで愛知県に出稼ぎにいくことになり、その環境はとてつもなく厳しいものでした。今まで車やバイクなどで行動していることが多かったために寝坊しそうになったときであっても通学や仕事に行くことは簡単にできました。お腹の調子が悪いときであってもバイクなどに乗り換えて出勤することができたために、別に気にすることはなかったのです。しかし、都会での生活では電車やバスなどの決まった時間に行動しなければいけません。さらに、寒い環境になれていないだけでなく、野菜などを取らずに脂っこいものだけを食べていたために体の変化が急激に悪くなっていったことは言うまでもありません。最近お腹の調子が悪い感じがするな〜と思っただけで気にすることはなかったのですが、食べ過ぎることが度々重なると嘔吐などを繰り返すだけでなく、腹痛もひどくなってくる一方でした。この不屈がひどい時はトイレからでることができないだけでなく、仕事に行くこともできないほどだったのです。それでも、少しの間休んでいればよくなると思っていました。お家から出ることがないときには腹の調子も良いのですが、外や仕事に向かおうとすればお腹の調子が悪くなり、度々なかまなどに迷惑をかけることがあったのです。このような期間を数年繰り返しているうちに正露丸が私にとってなくてならない物になっていました。どこに行くにしてもお腹の調子が悪くなるために正露丸を飲んでの出発を繰り返しているうちにお腹もどのように対処すればいいのか困っていたのかもしれません。腹痛から下痢や便秘などを繰り返すことがあり、怖くなって病院に行ったときに医師に診断されたことが過敏性腸症候群という症状でした。自分のケースでは比較的に軽いほうだったのですが、それでも大型のショッピングモールなどに行くとトイレの場所などを確保していなければ緊張してしまいお腹の調子が悪くなってしまいます。このような症状をもっているなら早めに病院に行って診察などを受けて正しい薬などを処方してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク




過敏性腸症候群とは?

535bacdbcfbbc63501f05b170d8aadcd_s

過敏性腸症候群とは、便のコントロールを行うことができない人のことを指します。トイレにいく機会があるときにはお腹の調子は平気なのですが、人が混雑しているところやトイレの数が少ない、車の渋滞にはまってしまい身動きができないときなどにストレスがお腹にいき腹痛などを引き起こすことを指します。この症状には不安型があてはまりますが、他にも、慢性下痢型、分泌型やガス型などがあります。これらをまとめて過敏性腸症候群と呼ばれているのです。この症状を治すには自分の体調に適した薬をしっかりと処方してもらうことがとても重要になってきます。病院によっては薬の処方してもらう種類が違っているだけでなく、料金や検査方法なども変わってきます。きになる人は一度先生に相談してみるようにしましょう。最近では市販でも購入ができるお薬などが販売されています。そのため、なかなか病院に行くことができないと思う人はストレージなどのお薬を購入して乗り切ってみるといいでしょう。ただし、市販で売られている薬はあくまでもお急処置程度と考えたほうがいいです。しっかり治したいと考えているならやはり病院にいくことがお勧めになっています。

保険にはしっかり入ろう

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

このシリーズで何度もお伝えしていますが、保険にはしっかりと入っておくことが重要になります。20代や30代前半だから自分はまだ大丈夫だと考えている人はいませんか?そのような考えをもっているといつ病気で倒れてしまうかわかりません。今回の企画で紹介している過敏性腸症候群という症状なのですが、この症状で保険に加入しようとしても受け入れてくれる保険会社はとても厳しいのではないかと考えられており、細かい説明などを事前に行なっておかなければ保険料がおりることが難しいとまで考えられているのです。ですが、過敏性腸症候群の症状に似た病気も存在しています。それが大腸がんとなっているのです。大腸ガンになってしまうと手術や入院をしなければいけないので保険料が多く重なってしまいます。自分は過敏性腸症候群かもしれないから症状がひどくなるまでは様子を見ておこうと考えている人もいるかもしれません。大腸がんと過敏性腸症候群の症状では、便秘や下痢などを繰り返すだけでなく腹痛になってしまうこともほとんど一緒になっていることが多く、検査や診察をおこなわなければわからないとまで言われています。そのため、このような症状が将来起こるかもしれないと考えているなら保険にはしっかりと加入しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す