尿管結石の痛みはいつまで?恐怖の痛みと絶えた時間!


尿管結石の痛みは突然襲ってくるので、
自分がいつまで続いたのかを体験とともに紹介して
いきたいと思います。

スポンサードリンク


 

尿管結石

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s

それは、3連休の休みだったために
夜遅くの5時までおきて眠りにつきました。
いつもであれば起きるのが6時間後になってしまうことが多いのですが、
この日だけは違いました。
全然寝ていなかったように、目がさえた状態でおきて目が覚めたのが
8時前のことだったのです。
そして、一度トイレに行きたいと思い、トイレに行ったのですが、
思った量がでずにちょろちょろ~(って感じでした)
そして、尿を出すところにチクっとした感じが走り、あれ?ちょっと
痛い!って思いはじめはすぐに治るだろう~という感覚でした。

 

しかし、時間がたつにつれて、下半身の男性の大切なところがとても
痛い!冗談抜きでどんどん痛みがましていき、しまいには声をあげて
しまうほどでした。これは今までに経験したことがある!
なんらかの状況で大切なところを強打したときの痛さ、あれが
ずっと続く状態と考えてもらえばいいかもしれません。
最初に頭をよぎったのが、病気か?睾丸がとても痛い!
色々なことがよぎり、精子ガン?性行為など行なっていないのに
病気になることなんてあるのか?頭が真っ白になり、とにかく、
ネットで調べるまえに一度寝て横になれば治るかもしれない!
そう思ったのですが、どの体制をとっても痛みが引かずに、
とうとう自分で病院を探すことにしました。
ところが、悲劇がおきます。尿管結石などを処置してくれる
病院がどこも休みだったのです。
その日は祝日となっており、運が悪く、どこに電話しても
とってくれなかったのです。

どのような症状なのか?痛みが全然治まらない!
いつまで続くかもわからない!
恐怖でしかなかったのです。ネットで調べると尿管結石?
の疑いがあるみたいなことを書かれていましたが、睾丸らへん
が腫れている?みたいな感覚もあったので、どの症状かも
わからない!しかも、早いうちに症状を改善しないと取り返し
のつかいないことにもなる!
なんてことが書かれており、さらに頭が真っ白になるし痛みが
分きざみでましてくる!
ここで思ったのが、緊急で大きな病院に対応してもらうしかない!
そんなことを思い、大きな病院に電話すると、電話での待ちもあり
5分後に話をすると、担当の先生がいないので、違う病院を紹介されました。
これを3回繰り返しているうちに時刻は11時ごろだったんです。
声も出せないほどの緊急になっており、これはまじでやばい!
たらいまわしにされるのはいいけど、早く対応してくれる病院に
たどり着いて~という感覚でした。
4か所の大きな病院に電話をした結果、なんとか症状を
見ることはできるので、来ていただいてもらっても大丈夫との
ことでした。
補足※緊急など祝日で大きな病院を利用すると初診も合わせて高い
料金をとられるので注意しましょう!
この時点ですぐに着替えて、バイクで向かうことに決めました。
本来なら救急車を呼びたかったのですが、どうにかして絶えていかないと
いけないと意識が働いてしまい、病院へ向かいました。
このときには激痛と常に戦っており、記憶も飛んでしまいそうに
なるほどです。

 

 

病院について、まずは問診を受けて、
尿を一度しらべますね~ってことでコップを
渡されたのですが、このときに一度もトイレにいっておらず、
トイレに行きたいけど、出ない膀胱がおかしい、
痛みもずっとあり、何がなんだかわからない!そんなイメージです。
そして、思いついたのが、大量の水とスポーツドリンクの摂取でした。
先生との問診結果などを聞くまえに、2リットルくらいの量を30分以内では
飲んだと思います。この対応が良い判断かわかりませんが、
自分は何とかトイレで尿を出すことができました。
このときに、尿が、とても濃ゆい色になっているだけでなく、血が混ざっている
さらに、何か固まりが沈んでいる!
先生に見せると、あ~血が混じっているね~
検査にかけるから待ってて~との内容でした。
これから、ラッシュです。
1時間の間でトイレに行った回数は10回以上ではないでしょうか?
それほどトイレが頻繁になったときにあれほど痛かったいたみが
どんどんなくなっていきました。
先生の問診結果を聞くときには、いたみがさきほどはありました。
という結果に!!

 

ですが、先生の対応なども易しく、
さきほどは睾丸にも痛みがあったんですよね?
ちょっと心配なので、一度検査してみましょうとのことでした。
エコーで股関節から睾丸などを検査した結果、異常はありません
とのことでした。
ほっとしたときに先生が、尿管結石の可能性が高いのですが、
尿と一緒に出た可能性もありますね~
なので、尿管結石の検査などはおこなわなくても大丈夫かも
しれません。
念ため、傷み止めのお薬は出しておきますので、また痛くなる
ようなら再度病院へいらしてください!
とのことだったので、痛みが数週間続く人もいれば、自分のように
いつまでも続くわけではない人もいるようです。
しかし、再発の可能性もあるので、水分はできるだけ
多くとるように心がけています。
みなさんも気を付けましょう。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す