大島康徳氏が大腸がんと公開!余命まで宣告された結果に考えてこととは?


大島康徳氏が大腸がんのステージ4まできていることが注目されており、医師からは余命1年ということまで告げられたそうです。そんな彼は余命を告げられたことで
何を思い!なにを考えているのでしょうか?気になるところを調べていきましょう。

スポンサードリンク


 

大島康徳氏さん

大島康徳氏さんは、元日本ハムの監督を勤めていた以外にも評論家として度々
野球中継で紹介などが行われていました。
余命1年ということを宣告されていたときは彼自身愕然していたことでしょう。
ステージ4といえば、がんではとても危険な状態ということになり、命の危機と
まで考えてもらったほうがいいかもしれません。
そんなことを医師から告げられていたとしても、大島康徳氏さんはめげることなく
前を向き続けていたそうです。
もともとガンの宣告を受けたのが2017年の2月ごろとなっており、それから
今は2018年となっているので、手術を行って乗り越えることができたと
考えていいでしょう。
余命を受けたとしてもしっかりと目標に向かって頑張っていれば、助かる道がある
ということを教えてもらったような感覚にもなりますね!
人生の先輩である大島康徳氏さんがたのしみとしているのは球場を見ることだそうです。

 

スポンサードリンク


人生について深刻に悩んだとしても、人生の半分以上をお世話になっているマウンドを見ると元気がでるのかもしれませんね。
手術を無事に終えて、こうしてSNSなどで公表してもらえることは彼にとっても嬉しいことにつながるのかもしれません。

 

 

大腸がん

大腸がんと聞いてぴんとくる人は少ないかもしれません。
一般のがんに比べて大腸がんは日常生活で気づきにくいと
考えられているのです。
では、いったいなぜそのようながんなのにもかかわらず
見つけにくいと言われているのか?
その理由は、様々ですが、一般的には日頃私たちが
お腹を下したりすることが危険信号がどうかを捉える
ことが難しいと考えられているためです。
大腸がんになったときには、便に血がついていたりと
症状は出ているのですが、がんのステージが高くならないと
気づかない人だっているのです。
そのため、大腸がんと疑わずに生活をしていることで
取り返しのつかない事態にまで発展していることが
あります。

 

お腹の調子や体のだるさなど、過去にはなかったことが
体の中でおきているなら一度専門の先生に見てもらうように
するとよいかもしれません。
自分の体だからこそ、不安が少しでもあれば病院で診てもらう
ことが先決なのです。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す