転倒や寝たきりがつらいなら早めに改善することが大事!


転倒や寝たきりになるとつらいことばかりを
考えてしまうことは多いでしょう。
歳を重ねていくと一番怖いのが、怪我です。
今回は、怪我を防止するための内容などを
記載していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

転倒で寝たきりに

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s

30代を超えたあたりから身体が堅くなってしまった!
なんてことをつぶやくひとがいます。
高齢者で健康な人からすると若いのになにを言っているんだ!
って思うかもしれません!
いや!健康に気を使っているお年寄りの人の言うことはごもっともです。笑
身体を大事に扱うことは健康にもつながります。
現代社会では、交通手段など便利な乗り物などが増えているために
数年の間で歩くことを極力避けている人たちが多いです。
そのような人たちが転倒や怪我をしたときに健康に気を使って
運動を行っている高齢者にくらべて、入院が長引いてしまう可能性が高くなる
かもしれません。
また、打ちどころが悪かった!反射的に防ぐことができなかったのも
運動不足によることが少なからずある可能性も出てきます。

身体の怪我を増やさないためにも運動は大事だということを認識して
おきましょう。
さて、運動習慣がないとやせすぎや肥満とした症状が出てきます。
これらはどちらも怪我をしてしまうリスクが高くなります。
痩せていると、骨を守る筋肉がないために怪我をするリスクがありますし、
肥満だと、骨が支えられなくなり膝に痛みが出てしまうのです。

 

 

 

運動をすることが大事

656365

転倒して寝たきりにならないためにも、
日々の運動はとても大切になってくるのです。
自分の知り合いでは、数年に前に流行った寒風摩擦を
現在でも続けているだけでなく、階段を使って足と腕を
上げ下げの運動を行なっている人たちもいます。
日常生活の中で健康になるためのグッズなんてたくさん
あります。バスタオルだってそうです。
一枚のバスタオルを両手で持ち、手の後ろで色々な方向に
向けて動かすだけでも関節をほぐす運動になります。
朝のラジオ体操を行うことで、身体が固くなるのを防げる
ようになります。
日頃から色々な箇所を動かすことで、身体の柔軟性がアップ
し、転倒したとしても大事にいたらなかったというケースも
増えるのです。

 

また、転倒することを防ぐので、有効的なのがスクワットだと
も言われています。
スクワットをすることで、足腰が鍛えられるために転倒を防止
につながります。
はじめは、4回から6回を程度を3から4セットごとにわけて行いましょう。
無理が一番危ないので、自分のペースでいいのです。
自分のペースで少しづつ足腰を鍛えていきましょう。
身体を少しでも動かすこと、病気になる可能性を防ぐことができるので
チャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

最近読まれている記事

              

コメントを残す